IMG_1456.png

当園について

保育理念

「一人ひとりによりそい、生きる力の基礎を育む」

自発的な活動を通し、笑顔いっぱいに生き生きと生活する子どもを育む、 そして、その子らしく伸びていけるようにする。

 
保育目標
  1. 子どもの健康と安心、安全を基本に保護者と協力して無理なく基本的な生活習慣を身につける。

  2. 特定の大人との応答的な関わりを通じて愛着関係を形成し情緒の安定をはかると共に、自我の芽生えや自己肯定感を育む。

  3. 気持ちのいいあいさつや人とのあたたかい応答的な関わりを通して共感してもらうことの喜びや心地よさを知り、人と関わっていく力を育む。

  4. 五感を使った豊かな経験を通し、学びの芽や創造性を育む。

  5. 全身を使った遊びを楽しみながら、しなやかな体づくりをしていく。

  6. 様々な食経験を通し、食べる楽しみや喜びを知る。

上記保育理念・保育目標実現のため、保育士が子どもたちに寄り添い、 保育を行っています。また、当園の特徴的な保育内容として、ボルダリングやリズム運動、スマイルシップスポーツプログラムなどで意欲的に体を動かしたり、英語の先生と楽しく英語で遊んだり、絵本の読み聞かせ、わらべうたなど楽しいことがいっぱいです。

ひまわり職員としての姿勢

子どもに寄り添い、子どもの個性を引き出す。

私たちは子どもを中心に考えます。子どもの成長、安全を第一に考え、子どもに寄り添い、 成長段階を的確に見極め、その個性を大切にします。

自らが保育のプロであるという自覚を持つ

私たちは保育のプロです。学び続ける姿勢、素直な心、ひまわり保育グループの一員であるというプライドと自覚を持ち、子どもたちのお手本となる行動を心掛けます。

関わりのあるすべての皆様に「ありがとう」の心を持つ

私たちは感謝の心を忘れません。子ども、保護者、地域、関係者など、私たちを取り巻くすべての人、もの、環境に「ありがとう」の心を持ち、行動します。

なかよし「ぎゅっ」
press to zoom
生活発表会(1歳児)
press to zoom
「はっけよ~い!」
press to zoom
運動会にて「バトンをはい!」
press to zoom
1/1
IMG_1856_edited_edited.jpg

年齢別保育内容

 
0歳時の保育目標
  • 特定の保育士との信頼関係をもとに、人とのかかわりを喜び、自発的に遊んだり 自己主張を活発にしたりする。

  • 安全で安心できる環境のなかで、見る、聞く、触れるなどの体験を通して、身の回りに対する好奇心の芽生えを育む。

  • 個人差に留意しながら、離乳を進めていき、のびのびと意欲的に体を動かすことにより健やかな成長を促す。

  • 歌やふれあいあそび等、保育士と一緒に楽しむ。

IMG_1585.png
IMG_1572.png
1歳児の保育目標
  • 一人ひとりの生理的欲求や自我の芽生えを 大切にしながらいろいろな甘えを受けとめ、情緒の安定を図り、自分の気持ちを安心して表すことができるようにする。

  • 安心できる保育者のもと簡単な身の回りのことを自分でしてみようとする気持ちや自我が芽生える。

  • ひとり遊びを十分に楽しみながら、保育者や友だちに自分の思いを表現したりかかわって遊んだりする楽しさを知る。

  • 自然物やまわりのものに興味をもち、十分に体を動かし、歩行や探索を楽しむ。

  • ボルダリングやリズム運動など体を動かして遊ぶことに興味をもち、しようとする。

2歳児の保育目標
  • 一人ひとりが安心して園生活を送り、十分に自己発揮できるようにする。

  • 保育者との安定したかかわりを通して、基本的な生活習慣の自立を目指し、身の回りのことを自分でしようとする気持ち をもつ。

  • 自分の思いを言葉や行動で表現できるようになる。

  • 葛藤体験を味わいながら、少しずつ気持ちのコントロールができるようになる。

  • ボルダリングに挑戦したり、リズム運動などで喜んで体を動かす。

IMG_1324.JPG

施設紹介